洗顔をする前のステップと後の工程

得にメイク後の洗顔は、洗い残しのないように綺麗に洗顔をしていくことも重要です。
洗顔料を使う前のクレンジングも、ただなんとなく顔につけるだけではなく、
きちんと段階を踏んでメイク落としをしていくと洗顔の効果もアップするのです。

特に目のくぼみの部分や、鼻の脇などの汚れのたまりやすい部分は、丁寧にマッサージをしながら洗い流す事が重要なのです。

皮脂腺の多い場所などは、洗い残しがあるとニキビや吹き出物が出てしまったり、肌荒れを起こしてしまう事も多々あります。
ですから、まずはお肌に乗ったメイク顔料を綺麗に落とし、そこから洗顔に入る事が重要です。

さらに、洗顔をする場合には、なるべくソフトに行っていく事が綺麗な肌を維持するためには大切な事です。

メイク落としの場合は、油脂をクリーム化させる事でメイク顔料を落とすのでマッサージなども必要なのですが、
メイクが落ちた後はある程度は素肌の状態になってしまいます。

ですから、なるだけこすらない・刺激を与えないという二つのポイントを守るのが、洗顔をする上では気を遣っていく部分なのです。
最近はチューブタイプの洗顔料も多いですが、泡立てをしっかりとしないと、
汚れが落ちないばかりか肌を傷つける事もあるので、しっかりと泡立てをします。

そして、泡を顔に乗せて、その泡を押すように洗顔をしていくのです。
この時に、指が顔に触れないように極力注意します。気になる小鼻周りなども、少し泡を強く押して丁寧に洗顔をするのです。

仕上げに蒸しタオルなどを使い、すぐに化粧水を使えば、さらに洗顔の効果は高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です