乾燥しない洗顔方法

洗顔って、肌にとってはとても大事なものですよね。
肌に汚れが残っていると、いくら保湿をしても潤わないですし、それどころか色々な肌トラブルの原因になったりもするようです。

ただ、一生懸命洗顔することで、かえって肌が乾燥してしまう事も多いです。
それは、洗顔しすぎが原因だと思います。

私も以前は、夜はクレンジングと洗顔料のダブル洗顔、朝は洗顔料で洗っていました。
肌のためにはその方がいいと思っていましたし、いつもきれいな肌に保つのが一番大切なことだと信じていました。

でも、その頃の肌は、30代の今の私の肌よりも、ずっと乾燥していました。
しっかり洗顔して、その後しっかり保湿するのが良いと思っていたのに、やればやるほど乾燥した肌になってしまっていたのです。

しかも、乾燥しているのにニキビができる事もあって、きれいな肌には程遠い状態でした。

それで、この乾燥は洗いすぎが原因ではないかと思うようになり、朝、洗顔料を使った洗顔はやめてみる事にしました。
そして、メイクも石鹸で落ちるものを選んで、夜もダブル洗顔をやめる事にしました。

はじめは、汚れがきちんと落ちない事で、ニキビがひどくなるんじゃないか、などと心配していたのですが、
意外にもそのような事はなくて、日に日に肌の調子が良くなってきた気がしましたし、ひどい乾燥も収まってきました。

この経験からも、お肌は洗いすぎない事が大切だと思っています。
洗顔料を使うのは、一日一度で問題はないですし、逆に洗いすぎる事で肌のバリア機能を壊してしまう事もあるのでは、と思います。

今では、乾燥も抑えるようなニキビ専用の洗顔料が販売されているので、そういったものを使うことをオススメします。
どのようなニキビ石鹸を使っていいのかわからないならば、このニキビ 洗顔 ランキングに記載されているような洗顔石鹸を使うことをお勧めします。これは保湿成分も入っているので、私はこの洗顔ランキング1位のノンエーなどを使っています。

ニキビや乾燥などに悩んでいる人は、洗顔を止めてみる事や洗顔料を変えてみることが対策としていいのではないでしょうか。

毛穴の汚れを徹底的に落とす洗顔方法

ヘアーメイクの知り合い曰く「なんでもいいから、泡で洗っとけば、ある程度の汚れは落ちるよ」ということで、私はこの情報を聞いて以来、泡タイプの洗顔フォームにて洗顔をおこなっています。

ヘアーメイクの知り合いによると、きめ細かい泡タイプの洗顔フォームで洗うことにより、毛穴の奥まで泡タイプの洗顔フォームが届き、そして汚れを落としてくれるので、泡タイプの洗顔フォームがオススメだということだそうです。

そして、ぬるま湯で洗うことも良いのだそうです。ぬるま湯で洗うことにより、毛穴が開くのでオススメだとか。
しかしその反対に、冷たい水で洗ったら、毛穴がキュッと引き締まってしまうので、やめましょうということでしたね。

冷たい水で洗うのは、洗顔フォームをすべて洗い流した仕上げ洗いにておこなうことが良いのだそうです。
私もこの意見にも、おおいに納得ですね。確かに、冷たい水で洗えば、毛穴がキュッと引き締まる感覚はありますから。

しかし「毛穴の汚れを落とす」ことに関しては、やっぱり入浴にはかなわないそうですね。
ですから、毛穴の汚れを落とすのならば、入浴中における洗顔がもっとも有効とのことです。

ですから私はこの情報を聞いて以来、極力お風呂場でメイク落とし&洗顔をおこなうようになりました。

最初にメイク落としをして、そしてしばらく入浴したり、髪の毛を洗ったりして、それから仕上げに洗顔をおこなっていますね。
そうすることで、より毛穴が開いた状態にて洗顔できるという目的もあって。

熱めのお湯とピーリング石鹸でニキビ撃退

ニキビでお悩みの方に効果的な洗顔方法をご紹介します。

ニキビはストレスなどで体が炎症を起こしやすい状態になるとできやすくなります。

洗顔だけで完全にニキビを治すことはできませんが、ニキビができそうだな、と思った時、
これからご紹介する方法で洗顔すればひどくなる前に軽くすませるることができるかもしれません。

角質が溜まると毛穴から皮脂がスムーズに排出されなくなり、ニキビができやすくなりますので角質を落とす石鹸を使います。

こすらずに角質を落とすのがピーリング石鹸です。

ピーリング石鹸にも色々ありますが、なかでも、安くてなかなか効果的なピーリング石鹸がAHAソープです。
大抵のドラッグストア、ディスカウントストアに置いてありますので、安い店を探して購入されるといいでしょう。

ちなみに私は近所の店を回って一番安い店を見つけ、そこでいつも購入しているのですが、1個、670円です。

まず、顔を熱めのお湯に浸け、十分毛穴を開かせて、皮脂を緩めてください。

まず、洗面器か洗面台のボウルに熱めのお湯を張ります。

顔をつけるとすぐに温度が下がりますので、手を浸けてみてちょっと熱いけど我慢できるかな、くらいの温度が目安です。

顔をお湯に浸けて十分、ニキビのできそうな部分などを温め、それからピーリング石鹸で優しく撫でるように洗い落とします。

一度洗ってまだ、鼻の周りなど脂っぽいと感じたらもう一度、気になる部分を石鹸で撫で、洗い落とします。

その際、ゴシゴシこすると傷ができてしまうので、石鹸をつけ、優しく撫でる程度にしましょう。

すすぎも念入りにしましょう。

石鹸分が残りやすいには石鹸の刺激が続いてまたニキビの原因になってしまいます。

最後のすすぎに冷たい水を使えば熱めのお湯で開いた毛穴もキュッと閉まります。

ストレスが溜まると繰り返しニキビができる部分ってありますよね。

そんな箇所を集中的に日頃からケアしてスベスベのお肌を目指しましょう!

洗顔をする前のステップと後の工程

得にメイク後の洗顔は、洗い残しのないように綺麗に洗顔をしていくことも重要です。
洗顔料を使う前のクレンジングも、ただなんとなく顔につけるだけではなく、
きちんと段階を踏んでメイク落としをしていくと洗顔の効果もアップするのです。

特に目のくぼみの部分や、鼻の脇などの汚れのたまりやすい部分は、丁寧にマッサージをしながら洗い流す事が重要なのです。

皮脂腺の多い場所などは、洗い残しがあるとニキビや吹き出物が出てしまったり、肌荒れを起こしてしまう事も多々あります。
ですから、まずはお肌に乗ったメイク顔料を綺麗に落とし、そこから洗顔に入る事が重要です。

さらに、洗顔をする場合には、なるべくソフトに行っていく事が綺麗な肌を維持するためには大切な事です。

メイク落としの場合は、油脂をクリーム化させる事でメイク顔料を落とすのでマッサージなども必要なのですが、
メイクが落ちた後はある程度は素肌の状態になってしまいます。

ですから、なるだけこすらない・刺激を与えないという二つのポイントを守るのが、洗顔をする上では気を遣っていく部分なのです。
最近はチューブタイプの洗顔料も多いですが、泡立てをしっかりとしないと、
汚れが落ちないばかりか肌を傷つける事もあるので、しっかりと泡立てをします。

そして、泡を顔に乗せて、その泡を押すように洗顔をしていくのです。
この時に、指が顔に触れないように極力注意します。気になる小鼻周りなども、少し泡を強く押して丁寧に洗顔をするのです。

仕上げに蒸しタオルなどを使い、すぐに化粧水を使えば、さらに洗顔の効果は高まります。

洗顔は肌に大きな影響を与える

10代~20代の頃は、泡立ちが良くて適度にうるおいが残る洗顔フォームを愛用していました。
成分やブランドをあまり気にせず、値段よりも使用感を重視していました。

ところが私がホテルマンになった20代半ば、通常の化粧品類で肌が荒れるようになり、自分の肌が敏感性乾燥肌であることに気づきました。
それからは無添加の化粧品にこだわるようになり、特に敏感肌用の洗顔料を使用するようになりました。

しかし30代になると、敏感肌用の洗顔料でも乾燥が進み、朝洗顔は水洗いで済ませることにしました。
若い頃と食生活も変わり、油っぽいものをあまり食べなくなったので皮脂の量も随分少なくなっていました。

そして夜はダブルクレンジング不要のクレンジングミルクに変えたことで、実質的に洗顔料が不要になりました。
なので、現在は夜のクレンジングと朝の水洗顔のみです。

冬季はぬるま湯で洗顔することもありますが、皮脂が落ちてしまうのを避けるため極力常温の水で洗います。
日本人は清潔好きなので、よく洗いすぎると言われていますが洗顔もそうだと思います。

メイクを綺麗に落とせば、皮脂量が特に多い人ではければ基本的に洗顔料による洗顔は不要だと思います。
思春期はホルモンバランスの乱れなどで肌荒れを気にするので、肌に優しく皮脂をとる洗顔料は良いと思います。

ただ皮脂の取りすぎで更に肌が荒れることもあり、その辺りを知らない人が多いと思います。
その人に合った洗顔料で気持ち良く洗顔をしたい人は多いと思いますが、基本的に女性は洗いすぎると良くないと思います。

洗顔料の選択と個人の肌の状態

肌のトラブルがある場合には洗顔をすることがお勧めです。
日本では美容関連の商品のクオリティが上がっているので使いやすくなっています。

洗顔料を見るだけでもその圧倒的な種類に驚きます。
そして、ユーザーは自分の肌とよく相談してから洗顔料を試していけるのです。

洗顔で重要なことは使用する方法です。最近では石鹸タイプのような洗顔の商品も登場しています。
そういった商品をどうやって使うかはユーザーの判断に委ねられています。

インターネットを見れば正確な洗顔方法も書いてある場合が多いです。
その中でも多く書かれているのが洗顔料をあまりつけないことです。

少しの洗顔料でも今は十分に効果を感じることができるのです。
その他にも洗顔の時には注意する部分が残されています。
洗顔をする際には強く顔を洗わないことも一つのポイントです。

人間の肌は繊細なので優しく扱うことが基本です。
当然のように、洗顔料を使う時にも過剰な使用は避けた方が良くなります。

今の洗顔料は大量に使わなくてもニキビケアなどに期待できます。
洗顔料を選ぶ際には肌の状態も関わってきます。

肌が弱いユーザーは洗顔料も注意して選ぶのが大切です。
また、そういった商品には成分の強さも設定されているので、事前に調べてから購入することも工夫になります。

洗顔料で綺麗になるために個人の情報が重要になる場合は多いです。
結果的に洗顔料は自分が気に入った商品がお勧めです。美容のランキングや口コミを見れば判断するのは容易です。